過払い請求の 無料相談|債務整理とは?

債務整理とは?

債務整理とは多額の借金を負ったとき、債務者を再生させる方法のことを指します

一般的に債務整理の方法として「任意整理」「自己破産」「個人再生」があります。

 

それぞれ手続きや債務整理が終わったときの状態が異なりますので、適した方法を選択しないといけません。
>>債務整理デメリットの影響<<

 

 

債務整理の方法とは?

債務者が個人で手続きを行おうとしても、どれが自分に適した方法なのか、どのように手続きを行えば良いのか、わからないことばかりです。
そこで債務整理の相談、お手伝いをするのが私たち司法書士なのです。
弁護士や司法書士に債務整理の相談をして債務者の方に適した方法をご提案し、手続きを行いますので厳しい取立てに悩まされることなく、穏便に手続きを行うことができます。

債務整理とは?記事一覧

個人の方が任意整理を行う場合の弁護士費用についてですが、着手金・費用として、借入先1件あたり2万2000円(諸費用・消費税込み)となっています。報酬金については、 次の額のいずれか多い方の金額によります。(1)業者の請求額を減額させた額(過払い金が存する場合は、業者から過払返還を受ける金額を加算)の10%の金額(2)業者の請求額から利息・遅延損害金を減額させた上で、2年以上の長期分割弁済とした場合...

自己破産を申し立てるには、自己破産をするための要件を満たしていなければなりません。自己破産をするための要件とは、借金をどうしても返せない状態(支払い不能の状態)であると裁判所が判断した場合になります。支払不能の状態とは、申立人の借金の額や収入を考慮して、裁判所がもう返済していくことが無理だと判断した状態ということになります。申立人の借金の額が100万円で収入が手取りで30万円の場合だと普通に返済し...

法律に則った手続きではなく、債務者と債権者が私的に返済条件で合意すること。合意内容は書面、特に公正証書にするべきでしょう。ただし、法律による手続きではなく、また、債権者はプロの業者であるので、債権者有利の合意内容になってしまいがちです。任意整理をしようとする債務者の方は、十分な勉強と注意をするか、弁護士などの専門家の力を借りるべきでしょう。

自己破産、特定調停、民事再生の法的債務整理のうちどれを選択するべきかの主な判断の基準は次のとおりです。返済能力なしのときは・・・破産 (特定調停、民事再生は3年で借金を分割返済できる見込が必要)借金を減額したいなら・・・民事再生→特定調停の順に効果的手続き費用をやすくしたい』なら・・・安いほうから、特定調停→自己破産→民事再生の順マイホームを守りたい』なら・・・特定調停、民事再生手続きを自分でした...