利息制限法とグレーゾーンとは

利息制限法とグレーゾーンとは

最近、テレビやインターネットで「利息制限法」「グレーゾーン」「過払い金」などといった言葉を聞いたことはないでしょうか?

 

「利息制限法」とはお金の貸し借りをする際の上限金利を定めた法律で、銀行や信用金庫などの金融機関はその利息制限法(20%~15%)の上限金利以内でお金を貸し付けています。

 

変な話ですが、その利息制限法の上限金利を超えた利率で、お金を貸し付けても法的な罰則はありません。

 

次に、お金を貸し付ける際の上限金利を定めたもう1つの法律が「出資法」で、その上限金利を超過してお金を貸し付けすると法的な罰則があります。(出資法の上限金利は、29.2%です。)

 

「利息制限法」(20%~15%)を超え、「出資法」(29.2%)以下の範囲の利率のことを「グレーゾーン(グレーゾーン金利)」と呼び、多くの消費者金融はこのグレーゾーン金利を採用してお金を貸し付けています。

 

そして、その元金を超えて支払い過ぎたグレーゾーン金利の部分を「過払い金」と呼び、過払金返還訴訟手続き、あるいは債務整理(任意整理)の手続きの中で債権者から返還請求することができます。

 

目安として消費者金融などに5年以上返済を続けている場合には過払い金が発生している可能性があり、10年間継続した取り引きがあれば、その可能性は非常に高くなります。

 

例えば、長年借り入れを繰り返してきて、返済が厳しくなってきた方が、無理して返済を継続するよりも債務整理をすることにより、この過払い金のおかげで返すどころか逆にお金が戻ってくるというケースもありますし、複数社から借り入れがあるケースでその中に過払い金が発生しているものが一社でもあれば、債務整理で過払い金を取り戻して残っているところに返済することができます。

 

過払い金が発生しているのではと思ったら、過払い金 借金相談ホットラインに相談してください。

 

借金問題弁護士無料相談